日給月給制という仕組みは

日給は一日を構成単位として、サラリーの割り出しをするというシステムになります。

知っておきたい日給制の特徴

日給月給制という仕組みは 日給は一日を構成単位として、サラリーの割り出しをするというシステムになります。たとえば、日雇いの派遣は原則としてこの給付スタイルが用いられています。アルバイトおよびパートになってくると、日給月給制が採用されている企業もあります。報酬の構成単位は一日あたりで導き出されていますが、給与の支払そのものは1ヵ月毎に一元的に入金されるというシステムです。

1ヵ月単位で定まった額のサラリーが受け取れる月給制と違って、就業した日数分のサラリーが生じることから、ひと月の給与の受取額は変化します。業務が数多く、日常的に業務につくケースになると、就業した日数がたくさんであるほど給与が多くなると言えます。現実問題として当日の業務終了の際にサラリーの受取りをすることから、日毎にすぐに現金を手に入れることが可能というアドバンテージがあります。たとえば幾日かでそれなりの金額を簡単に稼ぎたいという考えを持っている人には日給制を選択すると役に立つでしょう。しかし、業種およびシーズンにも非常に大きく影響を受け、仕事の多くないシーズンには勤務する日数も減少することから、サラリーもダウンしてしまうというポイントには注意を向ければなりません。