日給月給制という仕組みは

通常、正社員雇用がされると月給で給料が支払われますし、パート社員でもそうです。

日給の精算方法はシンプル

日給月給制という仕組みは 通常、正社員雇用がされると月給で給料が支払われますし、パート社員でもそうです。一日働いた分をその場で受け取る日給制をとっているのは、ほとんどがアルバイト雇用のところだと考えていいでしょう。もちろん、アルバイトでも月給にしているところもたくさんありますが、スポット的に入って仕事をしたいという人や、そうした働き方を提供している会社や店なら、来てくれたその日に精算をしてしまう方が、事務手続きも楽かもしれません。短期アルバイトや期間限定のイベントでスタッフを募集するなどした場合、その日のうちに支払ってしまうところが多いのは、おそらく手間を省くためだと思われます。

毎日払う手間はどうなのかという疑問も生じますが、日給制の場合、定額で一日いくらと決められていることがほとんどです。つまり、年が若くてもそこそこいっていても、経験があってもなくても、一日いくらという条件は誰も変わることがありません。そのため、あらかじめその日の分を封筒などに入れて準備しておけば、受け取りの受領印と引き換えにどんどん渡して精算していくことができるというわけです。それが好都合だと思っている会社に就職することが、日給で給料をもらえる大きな要因となります。